So-net無料ブログ作成

Jewelry day 絢香 [趣味]

写真はCDジャケット・絢香 「Jewlry day 」ワーナーミュージックジャパン07,07,04発売 シングル WPCL-10415 ¥1,100 映画(配給・松竹)「ラストラブ」 主題歌

”宝石のようにキラキラとした日々・・”という意味を込めてタイトルにしたという、絢香の07年ファーストシングル。発売日のきょう買って、さっそく聞きながら書いています。”切なくも温かいバラード”とCDジャケットの帯に書いてありました。バラード=ballad=n.甘いポピュラーソング、伝承歌謡。ballade=n.物語詩、叙情歌・・英和辞典ではそうなっています。俗にジャンルは問わず、ゆっくりした曲のことをバラードといっていますが、本来の音楽用語では少し意味合いが違うようです。それはともかく、先日見た、田村正和と伊東美咲の映画「ラストラブ」の主題歌が、この絢香が切なく歌っている「Jwelry day」。カメラが田村正和のアップからずーっと引きながら姿が小さくなるまで余韻を残したままのラストシーンが、フェイドアウトして黒バックのエンディングタイトルになって初めて奏でられてくるテーマソング。♪broken my heart 今日もまた目覚め 夢だと気づく朝 恋しそうに 見つめる笑顔が 今も消えない Oh jewlry day 君といたあの歌が まだ聴けない・・・♪

まるでこの映画のために作ったのかとさえ思うほど、ぴったりの曲。あるいは曲が先にあって、物語ができたのか分からないほど、悲しくも微笑みさえ浮かべることのできるどこか爽やかな詩は、絢香の言う「ふと振り返った時に気づく愛や幸せ」を表現しているのではないでしょうか。僕にしたらバラードとは、”心に滲みる音楽”なのです。それは、曲のはじめはギターだけ、半分ほど進むとドラムとベース、エンディングに近くなった時バイオリンとチェロ、最後はオーケストラという、何とも広大な世界にいるような感覚さえ呼び起こさせる、すてきな音楽です。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。